トピックス

碧南市はなぜできぬ
統一協会との関係犬山市では市長も議会も全面公開

カテゴリー: トピックス

市長も市議会も明らかに
 犬山市長と市議会はホームページで統一協会との関わりを公表しています。碧南市の禰宜田政信市長は、突き付けられた情報にケチをつけながら、自ら公表しようとしません。碧南市議会議員の中にも統一協会との関係を持つ議員もいます。日本共産党は、市長も市議会も統一協会との関係を碧南市でも明らかにするように求めます。富山市では、過去の後援取り消しも行っており、もし碧南市にも後援事実があれば、撤回を求めます。

犬山市長のホームページより
旧統一教会とのかかわりに関する報告
 旧統一教会及び関連団体とのかかわりに関し、これまでの状況をご報告いたします。
旧統一教会及び関連団体の行事等への市長の出席状況
?令和元年6月22日 フロイデにて「魁モデルシティづくり犬 山シンポジウム(主催:ILC実行委員会)」
?令和元年6月23日 フロイデにて「家庭連合ファミリーフェ スティバル(主催:APTF犬山支部)」
?令和2年2月16日 犬山家庭教会にて「魁モデルシティづくり 犬山シンポジウムを踏まえた活動報告会(主催:ILC実行委 員会)」
?令和3年11月14日 犬山家庭教会にて「市政報告会(主催: 犬山家庭教会)」
後援名義の使用状況
?令和元年6月22日 フロイデにて「魁モデルシティづくり犬 山シンポジウム(主催:ILC実行委員会)」へ
?犬山市及び犬山市教育委員会の後援名義使用を承認(令和4 年8月22日、後援名義使用取り消し)
市への寄付の状況
・平成30年12月 10万円(学校施設整備基金へ積み立て)
・令和元年7月 10万円(図書館の図書購入)
・令和2年1月 5万円(子ども未来園の図書購入)
・令和2年5月 手作りマスク246枚
・令和3年1月 5万円(子ども未来園の図書購入)
・令和3年8月 5万円(子ども未来園の図書購入)
※購入した図書は、旧統一教会の宗教思想とは一切関係のな いものであり、市が選書しました。
お詫びと今後の対応
 社会的な問題を疑われるような団体と市長や行政が接点を持ったことは、その団体活動を公的に奨励しているかのような印象を与え、組織の思惑に利用される危険性があります。
それをある程度予測できたにもかかわらず、接点を持ってしまったことは、すべて私の認識の甘さによるものです。
一連の軽率な対応により、市長や市としての信用を損なったことは、市民の皆様に心からお詫び申し上げます。
誠に申し訳ありませんでした。
今後、旧統一教会及び関連団体に対しては、行事等に関わらない、後援名義使用を認めない、寄付は受領しないとの姿勢で、一線を引いて対応してまいります。
             (犬山市長 山田拓郎)

 旧統一教会及び関連団体について、犬山市議会として関わりがあったかどうか確認したところ、令和2年8月と9月に関連団体が犬山市内で主催した行事について、当時の犬山市議会議長及び副議長宛に案内通知はありましたが、両行事とも、議長及び副議長は参加していませんでした。
 しかしながら、各議員においては、別表のとおり接点があった旨の申し出がありましたので、公表します。
 今後は、これまでと同様に、団体を公的に奨励していると思われるようなことのないよう一線を引いて対応してまいります。
  令和4年9月9日犬山市議会議長 三浦知里

訂正 碧南市秘書課を通じて「祝電要請」していない「後援申請」書いたと
碧南市長は秘書課を通じて、碧南民報サンデー版9/18号に掲載の「大村知事への祝電要請はしていない」
「8/7のピースロードの後援申請については9/5の回答に明記した」と指摘してきました。記事の内容は訂正します。しかし祝電要請は、市長か知事かマスコミの誰かがウソを言っているのでしょうか。後援要請は改めて情報公開を日本共産党は求めました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団