トピックス

6m落下事故 大浜権現中継ポンプ場

カテゴリー: 議会報告

1月13日12時半過、大浜権現中継ポンプ場で委託業者「株式会社エスエムの作業員(20歳代男性)が6m下のコンクリート床に落下。両足かかと、骨盤など複数箇所の骨折で全治6カ月の事故が起こりました。
作業内容改善を
日本共産党山口、岡本両議員は15日現地視察を行いました。下水汚水を蜆川対岸に送る施設で、月1回委託業者が集塵箇所の袋(微量)を交換し年に1回、地下施設内のダストボックス2個をクレーンで6mつり上げ改修していました。機械修繕用の開口部から落下したのです。
月ごとに屋外にダストボックスを移動すれば危険なクレーン作業は回避できた。と部課長に作業工程の見直しを求めました。

落下した開口部とダストボックス

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団