トピックス

介護給付費9億円増を減らして
介護保険料引下げを

カテゴリー: 議会報告

3市がすえおき
3月議会に上程されている第8期介護保険料の基準額月額の案が西三河9市1町で出そろいました。
 安城市、刈谷市。知立市は第7期の保険料を据え置きました。コロナ禍のもと、碧南市は440円引上げ10市町で3位の高さとなります。
介護保険料は、2021~2023年の3カ年の介護給付費を65歳以上の人数で割戻して決めます。
 碧南市は、第7期の最終年2020年に給付総額約42億円でした。第8期は最終年約51億円を見込み9億円も増額しています。必要以上の水増しの見込みです。
 これを修正し年間約1億円弱。3年分で3億円弱の引き上げ分1人440円をなくし、保険料を据え置くことは可能です。
瀬戸市300円・長久手市10円の引き下げ
県内では瀬戸市が5,627円を5,320園と約300円。年間3,700円引き下げます。長久手市は、10円ほどの引下げ予定です。
 碧南市は、第8期保険料は、西三河9市1町の中で第3位の高さです。みんなで引下げ、据え置きの声をあげましょう。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団