トピックス

安城地区メーデーに130人  コロナ解雇、改憲発議、消費税引下げ、立憲主義、8時間でまともに暮らせる社会に

カテゴリー: トピックス

安城市長・議長から祝電も
5月1日、第92回安城(西三河)地区メーデーが安城1号公園で開催されました。昨年はコロナで中止。2年ぶりとなりました。コロナ禍で感染対策を取りながら130人が参加しました。来賓として日本共産党森下さちこ安城市議、新社会党石川翼安城市議が挨拶。安城市長・安城市議会議長・大西衆議院議員・社民党・緑の党の祝電が披露されました。
碧海工機で100名の雇いどめ
 初参加の名古屋ふれあいユニオン碧海工機の労働者から、雇止めの闘いが報告されました。トヨタの下請けの碧海工機(400人程度)はコロナ禍を理由にして約100名もの外国人期間労働者を雇い止めにしました。雇い止めにされた労働者たちは、名古屋ふれあいユニオンに参加し、分会を結成して闘っています。会社は5年以上働いていて無期雇用の権利を獲得している労働者については、団体交渉で雇い止めを撤回しました。
 しかし、5年以下の労働者については雇い止めを撤回していません。雇い止め撤回を裁判に訴え、労働委員会にも組合員差別として提訴しています。また21春闘の取り組みとして賃上げ、賃金差別是正にも取り組んでいます。
デモ行進に沿道からエール
 集会では「命とくらしを守る闘いを強める」、「菅政権に抜本的なコロナ対策を求める」、「改憲、平和運動への取り組み」、「消費税引き下げ・不公平税の制是正」などを内容とする『メーデー宣言』 を採択し、全員で「がんばろう」を合唱した後、安城駅までのデモ行進を行いました。
沿道から、ドライバーから笑顔の声援エールもかけられました。

左:メーデー参加の、年金者組合。来賓の安城市議等
右:約100mの列でデモ行進。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団