トピックス

愛知県下のコロナ対策

カテゴリー: トピックス

自治体部報より6/8

東郷町
町内に住民票がある高校3年生約500人に新型コロナウイルスワクチンを優先的に接種する。大学などの受験勉強や就職活動に専念してもらう狙い。
浪人生らも対象。接種券を7月上旬に送付し、夏休み中には完了を目指す。60~64歳への接種券も21日から生年月日順に発送。

豊山町
64歳から60歳の接種券を4日から発送、7日から予約を開始し、早ければ13日から県営名古屋空港で集団接種会場で接種可能に。近隣病院でも14日から開始予定。65歳以上の接種予約は75%超に(2日現在)

安城市
18日から年齢別3段階で接種券送付する。18日に60~64歳、25日に40~59歳、7月6日に16~39歳。基礎疾患のある人や高齢者施設職員などには優先枠を用意。

継続します!給食費無償化&新生児給付金

愛西市
愛西市議会6月定例会で、党市議団が
3月議会で求めていた、学校給食費の無償化と新生児への10万円給付金事業の継続が、新型コロナウイルス感染症対策の補正予算(3億7920万円)
に盛り込まれました。小中学校給食費無償化は6月から12月まで延長(1億2275万円)、給食費等支援事業として369万円が私立、市外通学児童にも補助されます。

飛島村
村立の小中一貫校=飛島学園の給食費無償化期間を10月まで延長、10万円の新生児給付金事業も継続する補正予算案が6月議会に提案されました。
村内居住の高校生・大学生に感染症対策として1万円クオカード支給も。補正予案は4497万円に。

日進市
2日から60~64歳までに接種券を発送。
65歳以上にも小出しに接種券をおくり、医師会とも役割分担し約40の医療機関が個別接種に積極的に協力している。

小牧市
7日現在65歳以上の約3万9千人の8割が予約済。7月末までに2回接種完了見込み。高齢者施設職員と基礎疾患ある人が次の対象だが、並行して中学生・高校生約1万4百人に接種を広げ、夏休み中に2回接種を終わらせる方針。学校行事の中止や縮小を防ぐ。

豊橋市
65歳未満の優先対象を発表。△基礎疾患のある人△障害者施設の利用者と職員△保育施設、児童養護施設、幼稚園、特別支援学校などの職員。

生理の貧困

岩倉市
市議会が市に、市役所などでの配布や小中学校のトイレに置くことを求める緊急要望を提出。防災備蓄用を活用する方向で具体化をすすめる。

党愛知県委員会県議予定候補と県政対策室で、愛知県への申し入れを準備中。早ければ17日にも。主な申し入れ項目は、○トイレットペーパーと同じように小・中・高の学校トイレに返却不要の生理用品を無償設置すること○公共トイレに生理用品を無償設置すること○「生理の貧困」対策を進めるよう市町村への助言・指導を強めること

通所施設でも検査!

豊橋市
通所型の高齢者・障害者施設、保育所、児童クラブなどの職員を対象に抗原検査キッド購入費用を補助する。一人3千円の補助を想定。クラスター発生施設では濃厚接触者以外のPCR検査費用も一人2万円まで補助する。6月議会に提案。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団