トピックス

県議会議員補欠選挙 立候補説明会
日本共産党VS自民党の一騎打ち
今こそ命守る政治を
 磯貝明彦

カテゴリー: トピックス

許せますか?
打つ手なしの感染拡大
「五輪より命を守れ」の国民の声を無視して強行したオリンピック開催から11日間。東京都では新規感染者が4千名を超え過去最高となっています。

選手・関係者278人が感染
 組織委と内閣官房が公表した選手ら大会関係者の感染者数は、1日までに計278人に。バブルの中で感染者が増えているのです。
 選手の「安全・安心」すらも守られていません。

濃厚接触者との対戦も
感染者の濃厚接触者となった選手との対戦が、事実上拒否できない仕組みになっているからです。内閣官房の文書によると、濃厚接触者と対戦する際、相手選手の「同意」は不要。誰が濃厚接触者かは伝えないとしています。選手の人権にかかわる乱暴な行為です。

送迎バス乗務員も感染不安
 大会関係者を輸送するバスの乗務員たちもひどい扱いを受けています。宿舎はホテルではなく研修施設で、シャワー、トイレ、洗面台などが共用です。バブルの中にいる乗務員たちが、いつクラスター(感染者集団)が起きるかと不安を抱いています。

9月5日までのパラリンも
 8月3日から、東京パラリンピック(8月24日~9月5日)の選手団の入国が始まります。内閣官房によると3~8日に、成田空港や羽田空港などに計276人が到着する予定です。パラリンピックの参加選手は国内外あわせて最大4400人。8日までにフランス、チリ、ブラジルなど6カ国からの入国が計画されています。受け入れ先は石川県、東京都、静岡県、佐賀県、宮城県、北海道の自治体で不安の声が広がっています。

8月29投票の県補選で審判を
 医療の切迫、自宅療養の増大と命の危険が広がる中で、国民には自粛を押し付ける一方で、菅首相を先頭に政府が危機感もなく感染対策を打てていません。五輪強行で誤ったメッセージを発し根拠のない楽観論を振りまいています。国民の命もくらしも守れない自民党公明党の政治に、愛知から碧南からノーの審判を下しましょう。日本共産党磯貝明彦さんへの支持は、最も明確な意思表示となります。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 日本共産党碧南市議団