トピックス

感染広がり 緊張連続の2学期
定期・頻回のコロナ検査を、オンライン授業も

カテゴリー: トピックス

8月26日共産党が申し入れ
9月6日新たな感染者25名。と碧南市のコロナ感染が広がっています。
 日本共産党は、8月26日「緊急事態宣言のもと新学期学校での対策徹底を求める申し入れ」を市長と教育長に行いました。

全国小中12%が休校など
 全国では小209・中215教育委員会が始業式の延長など実施しました。2学期開始から1週間がたちました。しかし予断を許さない状況です。学校関係者や保護者、子どもたちも緊張しながらの毎日ではないでしょうか。
 デルタ株が感染力が強く、無症状で若者子どもたちに感染が広がっています。小中学校や保育園幼稚園の子どもや子育て世代にワクチン接種が間に合っていません。

定期的に検査の体制を
 ドイツでは学校や保育所の職員と全生徒に週2回の迅速抗原検査が義務付けられ、一般市民も週1回無料で迅速抗原検査を受けることが可能としています。アベ・スガ自公政権は。検査軽視を続けてきましたが、どこでもだれでも無料で検査が受けられるようにしていく事が感染拡大を防ぐ要です。また、分散登校やせっかく2021年度から用意したオンライン授業も、対応が急がれます。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 日本共産党碧南市議団