トピックス

広げて変えよう 共産党と野党へ
政権交代へのうねり 全国で

カテゴリー: トピックス

   

若者やフツーの人が「だから共産党」と
総選挙の投開票が10月31日と迫っています。
 ネット演説会、トーク集会、ユーチゥブでテレビでは伝えない日本共産党はじめ4野党の訴えをガンガン流しています。
 10月23日午後6時15分から8時まで「未来を変えるための市民と野党党首街宣」が新宿駅東南口広場で行われました。

志位・枝野氏の訴え
志位氏は「みなさんの大きな力がはたらいて、野党がそろってたたかう態勢がつくられました」と述べ、共通政策、政権協力、選挙協力の三つがそろい、本気の共闘態勢で総選挙に臨めるのは市民の力のおかげだと強調しました。
「あなたの1票で政治は変えられる。政権交代を始めよう」と力強く訴えました。
 枝野氏は「党派を超えて、いまの政治をまっとうにしないといけない。いざというときに支えになる政府を取り戻さないといけない。その政治を変える力を持っているのはあなたです。一緒に政治を変えましょう」と訴えました。社民党の福島瑞穂党首のメッセージが代読され、れいわ新選組の渡辺てる子氏があいさつしました。

総選挙でストップ?9年間の自公の悪政
 芸人出身の清水さん。ラップ調で口に出して読んでみて!
  ゴロの良さとリズムに感嘆?
 自助・共助・排除・スガスガしさのかけらもない
 偽造・捏造・安倍晋三
 改ざん・隠ぺい・虚偽答弁
 黒塗り・白塗り・シュレッター・かけマージャンをセーフにする
 もり・かけ・桜にアンリに卵
 東北新社にユーアールの口利き疑惑
 愛がないのにアイ・アール   
(10月20日 JR大阪駅前  清水ただしさんの訴えから)

環境NGO
国際環境NGO「350.org japann」のメンバー・荒尾日南子さんは、若者をはじめ気候危機に関心がある人たちは選挙への関心も強いと述べ、「なぜなら、この問題を解決できる大きなチャンスだからです」と気候危機対策で日本共産党が満点。自民党が0点の結果だったと紹介しました。

大学講師 
大学で非常勤講師をしている塩田潤さんは学費についてスピーチ。「私も奨学金という借金があります。これは社会の問題です」と訴え。長年、こうした政治をつくってきた自民党では解決できないと強調し、「だから政権交代が必要です。みんなで政治を変えよう」と呼びかけました。

反貧困
反貧困ネットワーク事務局長の瀬戸大作さんは「今日も10円しかないとSOSでの電話がよせられた。生存権を守るためには、与野党逆転が必要です」と訴えました。

「ペア休」を
夫婦で育児休暇をと呼びかける「ペア休」発起人の境野今日子さんは、夫が育休を取得しようとしたら会社から拒否されるなど、この社会にはいくつものジェンダー不平等があると訴え。「みんなでこの景色を変えませんか。そのためには、おじさんばかりの国会に多様性が必要です」

介護職4人のママ
4人の子を育てながら介護の仕事をする大森亜希子さん(40)は「なんで子どもを育てるのに、こんなに神経をすり減らす社会なのか。国の政策の責任です」と述べ、のびのび子育てができる社会にするためにも共産党を大きくすることが必要だと力を込めました。

政治アイドル
政治アイドルの町田彩夏さんは、深刻な痴漢被害が政治の世界ではずっと放置され続けてきたと指摘。「共産党は、国会でこの問題を取り上げてくれました。ジェンダー平等を本気で取り上げる人たちを、もっと国会に送ることが必要です。だから共産党を応援します」と語りました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団