トピックス

東京:池袋本気でジェンダー平等を
共産党と市民が街頭宣伝

カテゴリー: トピックス

ジェンダー平等が初めて大争点に
「ジェンダー平等が初めて大争点になった選挙です」―。東京都豊島区の池袋駅西口で行われた25日の日本共産党の街頭宣伝。池内さおり比例・12区候補、坂井和歌子比例候補と並んで、ジェンダー平等やフェミニズムの分野で活動する作家やライターらが一堂に会し、ジェンダー平等実現や日本共産党の躍進への思いを口々に語りました。
 ステージを彩るミモザのバナーを背に、作家の北原みのりさん、政治アイドルの町田彩夏さん、介護職の大森亜希子さん、ライターの小川たまかさんがスピーチしました。

「政治アイドル」町田彩夏さん
は、以前池袋駅で若い女性にしつこく付きまとう男性を制止しようとして頭をたたかれるなどの暴行を受けた経験を紹介。国会で共産党の小池晃書記局長・参院議員が痴漢問題を取り上げたことに言及し「性暴力を国会で取り上げる議員がまだ少ない。私たちに何ができるか。取り上げてくれる人を国会に送ることだ」と訴えました。

作家の北原みのりさん
は、女性に対する性暴力や賃金格差など自民党政権が放置してきた性差別の問題に触れ、「ジェンダー平等に本気で取り組む共産党の候補者に、一人でも多く国会に行ってほしいです。投票に行きましょう」と呼びかけました。

ライターの小川たまかさん
性暴力や働き方、教育などについて発信を続けている小川さん。国会議員らによる失言・暴言を列挙しました。「『女性はいくらでもうそをつく』『セクハラ罪はない』『女性のいる会議は時間がかかる』…。みんな自民党の人だ。今の日本政治は高齢の男性が中心。うんざりだ。どうにかしてほしい。選挙に行って、投票しよう」

日本共産党の田村智子副委員長
「私たちが掲げるジェンダー政策は、社会で当たり前とされてきた差別を一緒に見直そうという中身です」と紹介。女性をモノ扱いして非正規雇用・低賃金を押しつけてきた自民党政治をかえなければならないと強調し、「ジェンダー平等に本気でとりくむ、日本共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団