トピックス

議会役職人事
自民党12人含む19人が密室協議

カテゴリー: 議会報告

公正な議会のバロメーター
5月18日臨時議会が開かれ、1年で交代の正副議長、監査、3常任委員会、2特別委員会の正副委員長の選任が行われました。

離合集散の自民党12人
これに先立って、林田要元議長は会派を離脱1人会派に。拓治議員、新美交陽議員は、会派を解散「想政会」に合流しました。
 想政会7人、志政会4人、林田要議員の12人は「自民党」として、議長に祢宜田拓治議員。副議長に小林晃三議員。監査委員に沓名宏議員と、3役すべて自民党とする案をまとめました。その後公明党2人、市民クラブ(トヨタ系等)3人、みらいクラブ2人の7人がが加わり19人で密室協議がされたのです。
その結果、副議長に市民クラブの神谷悟議員とする差し替えが行われました。
 日本共産党は、非民主的な役職の決め方に抗議し、監査委員の沓名宏議員選出に反対しました。参議院選挙を目前にして、碧南市議会の日本共産党以外オール与党の姿が浮き彫りになりました。

議長選挙の結果
◎祢宜田拓治 19票
 ◎山口はるみ 2票
 
副議長選挙の結果
◎神谷 悟  19票
◎岡本 守正 2票

監査委員の選出=沓名 宏
 19人が賛成、日本共産党2人は反対。

常任委員会(◎委員長、○副委員長

総務文教委員会(7人)
◎岩月ひろし ○林田 要 生田允夫 杉浦文俊 小池友妃子 生田綱夫

福祉健康委員会
◎藤浦伸介 ○石川輝彦 岡本守正
大竹敦子 新美交陽 沓名 宏 鈴木みのり

経済建設委員会
◎加藤厚雄 ○小林晃三 山口はるみ
磯貝忠通 鈴木良和 山中謙治 神谷 悟

議会運営委員会
◎山中謙治 〇小池友妃子 山口はるみ 大竹敦子 小林晃三 生田綱夫 石川輝彦

議会基本条例推進特別委員会
◎生田綱夫 〇岡本守正 加藤厚雄 生田允夫 杉浦文俊 小池友妃子 新美交陽

臨海対策特別委員会
◎杉浦文俊 〇磯貝忠通 加藤厚雄 藤浦伸介 岩月ひろし 鈴木良和 林田 要

衣浦衛生組合議員=山口はるみ
 日本共産党は、新部署で気候危機、物価高騰対策、市民病院守る、コロナ対策などがんばります。

衣浦衛生組合議会の民主化を
日本共産党3議員+市民派2議員が申し入れ
5月19日、日本共産党碧南市議山口はるみ、岡本守正、高浜市議内藤とし子。高浜市議倉田利奈、黒川美克の5名は、衣浦衛生組合議会の民主化を求めて申入れを行いました。

一般質問を年4回に
     発言回数制限なしに
衣浦衛生組合は9月、12月、3月の定例議会で一般質問ができます。しかし5月定例議会は、役職人事だけで一般質問が出来なくなっています。
 また議案質疑は3回と制限され、予算決算審査も、歳入歳出で各3回と回数制限が11年前に改悪されました。
 日本共産党は繰り返し「議員の発言を拡大しなければ充分な審議が出来ない」と改善を求めてきました。今回は党派を超えて5人の議員が連名で改善要求をしました。

鈴木みのり議員が妨害
 23日、衣浦衛生組合議会協議会が開かれ、改選ごとに改めて申し合わせ事項を協議、確認しました。議会事務局が申入書を全議員に配布し論議が始まると、碧南市選出の鈴木みのり議員がいちゃもん。高浜市の鈴木勝彦議員も同調し挙手で否決しました。ところがこの2人を含む高浜4人、碧南2人はその後の施設研修を欠席。こういう姿勢で民主化の足を引っ張るなど許せん。

民主化の申し入れをする左から、岡本、内藤、倉田、黒川、山口各議員と事務局長

▲ このページの先頭にもどる

© 2021 - 2022 日本共産党碧南市議団